ダイエットの常識


<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 妊婦にお勧め地中海式ダイエット | main | あなたの知識は間違っていた!?「ダイエットのウソ・ホント」 >>
「性格と肥満の関係」社交家は肥満、心配性「やせ」多い


社交的な人や自己中心的な人ほど肥満が多く、心配性の程度が強いほどやせの人が増える傾向にあることが、辻一郎・東北大教授(公衆衛生学)らの大規模調査で分かった。性格と肥満の関係については従来、十分な根拠がないまま議論されることが多く、1万人以上を対象に調べた研究は世界的にも例がないという。国際心身医学会誌に掲載された。詳細は以下





【画像元】ZiZA.Ru

この記事を読んで、社交的な人ほど肥満が多いというのは、うなずける。肥満=社交的なイメージは確かにある。

自己中=肥満これについては、身近に心当たりの人がいないのでなんとも分からないが肥満の人が読むとうなずく人もいるのかな?それとも反発するのかな?

最後に心配性の程度が強いほどやせの人が増える傾向。これは正直心配性、神経質な人間ほどお腹を崩して下痢になったりするケースも多いと思う。神経質な人ほど胃腸が弱い人が多いので食べても出てしまうというケースではないかと思う。

関連記事


自彊術がダイエットに効果があると話題
ダイエットの挫折を防止するシステム
ダイエットしたい部分のトップは「下腹部」で85%
ダイエット・ランキング


スポンサード リンク


COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK