ダイエットの常識


<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 食後のデザートと間食のおやつ、どちらがダイエットの敵? | main | NHKためしてガッテン流 死なないぞダイエット! >>
米国政府が初めて認可したダイエット薬に話題沸騰!


アメリカでは、国民の半数以上が標準体重を超過している。肥満は大きな社会問題だ。そこに「Alli(アライ)」が登場し、話題となっている。これは、FDA(連邦食品医療薬局)が初めて認可した抗肥満薬。グラクソミスクライン社が6月15日に発売した。


アライは、医師の処方箋がいらない非処方箋薬。アメリカでは「オーバー・ザ・カウンター」と呼ぶ。一般の人が、サプリメントのように、医師への相談なしに購入できる薬だ。


非処方箋ダイエット薬で、FDAが公認したのはアライが初めて。医師の判断を必要としない安全性と、ダイエット効果の両面を、政府が公認したわけだ。

今までのダイエット薬の多くは、食欲を抑制するものだった


これまで、アメリカで手に入れることのできるダイエット薬(処方箋が必要)は、食欲を抑制する効果を持つものが中心だった。食べる量が減れば、摂取するカロリーも減るため、ダイエット効果が見込める。

しかし、食欲を抑制する薬は、脳やホルモンに働きかけるため、精神的にストレスを感じたり、意欲や集中力が低くなるという副作用があった。服用することによってビタミン、ミネラル、カルシウムなどが不足するため、補給について医師のアドバイスを受ける必要もあった。

食べないで痩せるのは、なかなか続けるのが困難だ。


グラクソミスクライン社の発表によれば、低カロリー、低脂肪の食事制限を守ってアライを摂取した人は、同じ食事制限だけをした人に比べて、50%もしくはそれを上回る体重減少効果があったという。

続きは以下詳細





ダイエットの話題


ヤング・ジョック、ダイエットに成功して3,000ドルをゲット。

セカンドアルバム"Hustlenomics"(邦題『ジョックのハッスル経済学』)をドロップしたばかりの『サウスの若番長』ことヤング・ジョック(Yung Joc)が、約3ヶ月で35ポンド(約16)の減量に成功、所属レーベルのCEOやマネージャーなどとの賭けに勝ち、見事3,000ドル(約36万円)をゲットしたという。


シェイプアップハウス、モザイク銀座阪急に「ミスパリダイエットセンター」をオープン

シェイプアップハウスは、モザイク銀座阪急に「ミスパリダイエットセンター」を9月7日からグランドオープンする

ライトスイーツ”が熱い!

東京都内の話題店では2時間待ちも出るほどドーナツは大ブーム。「油で揚げる高カロリーな食べ物で、ダイエットの大敵」というイメージはもはや昔のものです。

ゾーンダイエット 比率「4・3・3」で脂肪燃やす

栄養素を適切な割合で取ることで、ホルモンのバランスを整え、体脂肪が燃えやすい体を作ろうという「ゾーンダイエット」が注目されている。

篠原涼子「最近太り気味で…」妊娠説“否定”

今年の春ごろからふっくらしたことから、妊娠説が飛び交っているが「撮影ではチョコレートを食べ過ぎないようにしました。パンパンになりがちなので最近…」と現実に太り気味なのを初告白。野菜食中心のマクロビオティックというダイエット法を実践しているそうだ。

試したい!気になる!最新ダイエット方はダイエット・blogランキング


スポンサード リンク


COMMENT









Trackback URL
http://slim.diet.boy.jp/trackback/725194
TRACKBACK
カイザーシルベスタ ▼カイザーシルベスタ ダイエット食品の「カイザーシルベスタ」が25日から楽天市場で1位をキープしています。 楽天市場で1位キープしているのですからすごい人気商品です。 カイザーシルベスタがなぜ人気があるのか? 購入者のレビユ
カイザーシルベスタが楽天市場で1位獲得 | ダイエットの常識 | 2007/11/28 00:21